外壁塗装をしよう|自宅の劣化を防ぐ術を伝授

種類と特徴を把握しよう

料金も比較する

塗装作業

仙台で外壁塗装を業者に依頼することになったら、塗料について少し勉強しておいた方がいいかもしれません。
丁寧な業者はホームページに塗料の種類や特徴を記載していることがあります。
参考までに見ておきましょう。
塗料の種類を知っていた方がいいのは、それによって料金も異なってくるからです。
とにかく費用を安く抑えたいという時には、アクリル系の塗料が適しています。
その代わり、こまめに塗り替えなくてはなりません。
仙台の外壁塗装業者では、この点もあらかじめ教えてくれることがあります。
とりあえず塗り替えなくてはいけないと思っている人は、このタイプを選びましょう。
逆に、耐久年数が長い方がいいというのなら、フッ素系塗料がお勧めです。
その分、費用は高めとなります。
もちろん、この二つだけではありません。
仙台の業者にもよりますが、数種類から塗料は選べるようになっているので、よく検討してみましょう。
外壁塗装は定期的に行われることが多くなっています。
それでも10年に一度くらいの間隔で行うことが一般的です。
これに適しているのは最近とても流行っているシリコン系塗料です。
費用は安くもなく、高くもないといったところが手頃と言えます。
また、仙台で大きな家に住んでいたり、光熱費を安くしたいと思っていたりする場合には、遮熱塗料も加えてみるといいかもしれません。
実際に、防水加工など、いろいろな塗料を組み合わせることもあります。
いずれにしても、外壁塗装をするのなら、次の機会まで多少は長持ちするものを選んだ方が無難です。

工法もいろいろ

一軒家

住宅をいつまでも快適に使うためには、外壁塗装工事は無くてはならない工事ですが、仙台でこれらの工事を行うという場合には、なるべく覚えておくべきことがいくつかあります。
まずは仙台の外壁塗装では塗料の種類によって耐久性と値段が違うということです。
塗装を手軽に行い数年に一度の頻度で更新したいという場合には、アクリル塗料での外壁塗装を依頼すると良いでしょう。
耐久性は他の塗料には劣りますが、一番経済的にでき且つ手軽にできる方法です。
次になるべく塗装に耐久性を求めたいという場合には、ウレタン系塗料を使った塗装工事を依頼しましょう。
防水性と耐水性も高いので、アクリル系よりも更に高い耐久性を確保できます。
とにかく耐久性が高い塗料を希望する場合には、シリコン系の塗料を使った外壁塗装を依頼すると、塗膜の耐久性も抜群なので、長年にわたって建物を守ってもらうことが可能です。
仙台の外壁塗装業者は数もそれなりに多いので、まずはどの業者が一番安くできるのか、必ず複数の業者に見積もりを依頼してから工事を任せるようにしましょう。
万が一比較せずにそのまま工事をしてしまうと、後々後悔することも少なくありません。
見積もり時には足場の組立から、塗装の完了まで一通りの工程の価格を提示してくれるので、総費用を見積もりの段階で把握できます。
塗料にこだわるのも良いですが、なるべくならば親切な仙台の外壁塗装に任せるのが一番ですから、最初に比較を行いましょう。

見積書の読み方

刷毛

外壁の形状や面積は個々の家によって異なるため、仙台の外壁塗装の相場を単純に出すことはできません。
実際に複数の業者から見積を取って、比較してみる必要があります。
ただし見積書の読み方の基本を知っておけば、適正価格かどうかを判断する参考になります。
いくら料金が安くても、詳細な内容のない見積書を出すような外壁塗装業者は、仙台でも選択の対象から外したほうがよいでしょう。
外壁塗装工事の料金で、最も大きな部分を占めるのは塗料代になります。
これは塗料ごとの単価に、家の外壁の面積を掛ければ計算できます。
仙台の業者でも見積を依頼されると、実際に家の大きさを測定するのが普通です。
単純な形状であれば、塗装の準備として自分で概算することもできます。
ただし塗装しない窓の部分などは除外しなければなりません。
仙台ではほとんどの業者がシリコン塗料を使用しており、単価は1平米あたり2500円〜3500円といったところです。
費用を下げたいならウレタン塗料に替えられますが、耐久性は低くなります。
反対に光触媒などの高級塗料を使えば、料金は高くなります。
外壁の状態や今後の予定に応じて、最適な塗料を選んでください。
このほか外壁塗装に付随して、足場代や高圧洗浄費が各々10万円〜20万円ほどかかります。
ただ適正価格であっても、仕上がり具合は最終的には職人の腕に左右されます。
技術力があって決して手抜きしない、信頼できる業者を探すことが重要です。